ロングステイのすすめ 海外ロングステイ 国内ロングステイ

ロングステイメンバーズログイン

ID:
パスワード:


  • アドバイザーログイン
  • 賛助会員ログイン
  • 公認サロン会員ログイン

プレスリリース

ロングステイ財団からのプレスリリースです。

第3回 ロングステイエッセイ大賞 受賞者発表!
大賞 菱川 町子さん(愛知県稲沢市在住)「モンゴルの空にリンベは響く」



一般財団法人ロングステイ財団(事務局:東京都港区、会長 舩山龍二)は、新しいロングステイの魅力や楽しみ方の普及・啓蒙を目的として創設したエッセイ大賞、第3回ロングステイエッセイ大賞(審査委員長:下重暁子先生/日本旅行作家協会会長)では、日本全国から74篇のご応募をいただきました。厳正なる審査の結果、大賞1作品、優秀賞1作品、佳作3作品が選ばれ本日発表しました。

大賞 「モンゴルの空にリンベは響く」
   菱川 町子(愛知県稲沢市在住)  
優秀賞 「スマホの代わりに見つけたモノ」
    小野村 龍(東京都世田谷区在住在住)
佳作 「忘れじの鐘の音」
    寺岡壽子(広島県福山市在住)
佳作 「田舎暮らし渡り鳥派」
    岩崎 勝(長野県佐久市在住)
佳作 「ラマダンの夜から始まった」
    山田由梨(東京都渋谷区在住)

審査委員長  下重 暁子氏(作家 日本ペンクラブ副会長 日本旅行作家協会会長)
平埜久美子氏(ノンフィクション作家)
西川 武彦氏(企業OBペンクラブ名誉会長 (一財)ロングステイ財団評議員)
橋口 寿人氏(文筆家・編集者・日本旅行作家協会会員)

第3回ロングステイエッセイ大賞講評 ”大賞”   審査委員長 下重暁子

 旅とロングステイのエッセイの違いは、生活や人間関係が描けているかどうかである。
 その意味で、大賞の作品は、モンゴルの人との交流や暮らしぶりが良く分かる。
 しかも、最初はときめきという形でやってくる。いくつになってもときめきのある人生は素晴らしい。まして異性に対するときめきは・・・・。
 そのときめきぶりが初々しくて純真で思わずひきこまれる。読者まで幸せな瞬間だ。
 そして、次の訪問では、自分が教える側にまわり、モンゴルの青年にときめきを与える。
二つの出来事が重層的に描かれ、ロングステイの意味を濃いものにする。構成もよく出来ているし、読者の共感と驚きも与えてくれる。かすかな羨望さえも・・・。
  しかも今もモンゴル暮らし、モンゴルを訪問した際、モンゴル人と日本人の類似点をいくつも見出した。審査委員全員一致で大賞となった。

授賞式について

第3回ロングステイエッセイ大賞授賞式は、平成28年11月26日(土) 14:30から東京ビックサイト会議棟6階にておこないます。同日は、同会議棟1階レセプションホールにおいて「第11回ロングステイフェア2016」を開催。ぜひご来場くださいませ。

ロングステイフェア公式HP http://www.dokcodekurasu/jp

ご応募された皆様に心より深く御礼申し上げます。

協賛

株式会社インフィニトラベルインフォメーション
一般社団法人 全国古民家再生協会
一般財団法人 職業技能振興会



ページトップへ▲