一般財団法人 ロングステイ財団

ロングステイのすすめ 海外ロングステイ 国内ロングステイ

ロングステイメンバーズログイン

ID:
パスワード:


  • アドバイザーログイン
  • 賛助会員ログイン
  • 公認サロン会員ログイン

国内ロングステイ ニュース&トピックス

国内ロングステイに関する最新ニュースやトピックスをお届けします。

バックナンバー>

2018.02.21 Update!

第23回ロングステイアドバイザー研修(2018年3月14日(水)申込締切日)

第23回ロングステイアドバイザー研修
開催日:2018年3月24日(土)~3月25日(日)
開催場所: 東京都豊島区巣鴨
申し込み締切日:2018年3月14日(水)

世界各国または国内でロングステイ・留学・駐在・長期滞在経験のある方。ご自身の経験と知識を活かしロングステイ希望者のサポーターになりませんか。ロングステイの目的は多岐にわたっています。ロングステイを始める方の不安を解消し、適切なアドバイスができる知識や経験を有していることを認定する講座です。本年はアドバイザーからなるロングステイアドバイザー協会が設立され、制度発足以来23回目の研修講座となります。皆様の受講お申し込みをお待ち致しております。

2018.01.15

季刊誌LONGSTAY2018冬号 1/15(月)発刊

季刊誌LONGSTAY2018冬号を発刊しました。

季刊誌LONGSTAY2018冬号表紙

住んでこそ、心が繋がるロングステイ

第4回 ロングステイエッセイ大賞受賞者発表!
大賞受賞作『イリイの匂いを探しに』 寺岡 黙

その他の見どころ

体験記として、ミャンマー・ヤンゴン、オーストリア・ウィーンを掲載。
■ロングステイレポート
近江八幡市「壮大な歴史ロマンと豊かな自然の恵みを楽しむ」
■海外ロングステイ情報
ギリシャ、ポーランド、ベトナム、フィンランドの「子どもの育て方、しつけ方」
■海外サロンだより
スイス・グリンデルワルトサロンとマレーシア・ジョホールバルサロンより
■ロングステイアドバイザー便りは青森とエストニアから
以上の情報が掲載されています。


季刊誌LONGSTAY2018冬号目次

季刊誌LONGSTAYは「ロングステイ関連商品のご紹介、季刊誌申込み」から申し込めます。書店では販売しておりません。購入は、財団ホームページからお申込みくださいませ。電子書籍での購入も可能です。

記事の詳細は、こちらから
http://www.longstay.or.jp/product/magazine/entry-2961.html

2017.12.11

年末年始業務のご案内

年末年始業務のご案内を申し上げます。
年内、平成29年12月27日(水) 午後12時までとなります。
平成29年12月28日(木)から平成30年1月4日(木)まで、年末年始休業とさせていただきます。
お問い合わせは、平成30年1月5日(金)からお願い申し上げます。

平素より当財団ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
年末年始の業務についてご案内申し上げます。

年内:12月27日(水)午後12時まで
年始: 1月 5日(金)午前 9時30分から 

平成29年12月28日(木)から平成30年1月4日(木)まで、年末年始休業とさせていただきます。
お問い合わせは、平成30年1月5日(金)からお願い申し上げます。

2017.11.21

「ロングステイフェア2017」結果速報

一般財団法人ロングステイ財団は、今年で12回目となる「ロングステイフェア2017」を、11月20日(月)、東京国際フォーラムにて開催しました。 このほど、結果の確定数値が出ましたので、ご案内申し上げます。

一般財団法人ロングステイ財団は、今年で12回目となる「ロングステイフェア2017」を、11月20日(月)、東京国際フォーラムにて開催しました。 このほど、結果の確定数値が出ましたので、ご案内申し上げます。

2017.11.13

ロングステイ調査統計2017発売開始

2017年11月6日(水)「ロングステイ調査統計2017」発売を開始しました。

一般財団法人ロングステイ財団では、2017年11月6日(水)「ロングステイ調査統計2017」の発売を開始しました。


本調査統計は、ロングステイ財団で収集したデータ、および諸機関の統計資料を分析し、ロングステイ(長期滞在型余暇)の動向やトレンド、近い将来のロングステイ・ライフスタイルの予測、そしてロングステイをとりまく環境整備などにつき提言しているものです。
国内・海外・インバウンドロングステイ別にまとめており、特に日本国内地方におけるロングステイ経済効果、これからのロングステイスタイルの新しい潮流についてより深く分析しております。加えて、本調査に使用したアンケートデータを自由に活用できるよう公開しており、長期滞在型ツーリズム、ロングステイ関連産業に関わる方、また研究者の皆様に幅広くご活用いただける統計資料となっています。