ロングステイのすすめ 海外ロングステイ 国内ロングステイ

ロングステイメンバーズログイン

ID:
パスワード:


  • アドバイザーログイン
  • 賛助会員ログイン
  • 公認サロン会員ログイン

プレスリリース

ロングステイ財団からのプレスリリースです。

「古民家ツーリズム推進協議会」設立のお知らせ

古民家再生によるまちづくりが産官連携で全国展開開始

 一般財団法人ロングステイ財団(事務局:東京都港区 会長:田川博己)は、出捐企業である株式会社JTB、そして財団公的賛助会員である(一社)全国古民家再生協会の3者により本協議会を設立、2019年7月3日(水)ホテルルポール麹町(東京都千代田区)にて第一回勉強会を開催。全国から16の自治体、14の民間企業、事業者、社団法人が参加した。


古民家ツーリズム推進協議会 会長 田川 博己

 本協議会設立の背景には日本の抱える大きな社会的課題である2040年問題と空き家対策問題がある。その課題解決戦略を考えるとき、地域の関係人口増加戦略と交流人口拡大戦略は不可欠であり、人々を呼び込む観光力の高いまちづくりがその実現に効果的な戦略であることだ。一方、今日一千万戸相当の空き家には相当数の「よき古民家」がある。これら全国の「よき古民家」は日本伝統文化の結晶であり、その家々は日本が誇る観光力の高い文化・自然資源豊富な町、村、集落に残っている。この「よき古民家」が放置されたままにならないように、人々を魅了する高い価値を持つ滞在先、交流の場として、その再生と利活用を推進することにより、ビジター、トラベラー、ツーリストの訪問、滞在、消費の集積が実現する。その結果、地域雇用の促進、各世代間の地域住民交流の活性化、地域関係人口創出、交流人口の拡大、空き家抑制、さらには、「古民家」と「取り巻く集落」の環境の保全と文化の継承に繋がっていく。

 本協議会の究極の目標は【100年続くまちづくり】支援です。そのための、【失敗例の共有】、【ひとづくり】、【戦略構築】支援を「総務省・国土交通省・観光庁」と多くの地元関連事業者が「関係人口の増加」、「交流人口の拡大」につながる産官連携の有機的連携により促していきます。

第一回勉強会開催概要
開催日時2019年7月3日(水)13:00~17:00
会 場ホテルルポール麹町 2階サファイア
主  催古民家ツーリズム推進協議会
公 式 HPhttp://kominka-tourism.org/
次 第会長挨拶 古民家ツーリズム推進協議会会長   田川博己
趣旨説明 古民家ツーリズム推進協議会事務局長 井上幸一
省庁説明 観光庁、国土交通省、総務省
民間企業 紹介14社
参加者(※順不同)

■自治体
滋賀県(長浜市、米原市)、香川県(丸亀市)、北海道(石狩市)、神奈川県(松田町、小田原市)、長崎県、宮城県(大崎市)、宮城県(登米市)、栃木県(日光市)、福岡県、福岡県(北九州市)、宮崎県、宮城県(登米市)、茨城県(筑西市)、岐阜県(養老町、高山市)、京都府(亀岡市)、富山県(南砺市)

■(一社)全国古民家再生協会各支部
富山県、栃木県、福岡県、長崎県、宮城県、東京都、大阪府、滋賀県、福岡県、神奈川県、鹿児島県、奈良県、鳥取県、岐阜県、岐阜県、愛知県、沖縄県、京都府 

■民間企業、社団法人など
株式会社JTB、一般財団法人ロングステイ財団、株式会社JTB総合研究所、一般社団法人日本エコツーリズム 協会、株式会社ANA総合研究所(オブザーバー参加)、 HomeAway株式会社、株式会社クレディセゾン、ナイ トタイムエコノミー株式会社、一般社団法人観光マーケティング協会、一般社団法人日本テレワーク協会、インクリメントP株式会社、株式会社アグリメディア、一般社団法人ファミリーアニマル支援協会、特定非営利活動法人  地域・観光情報総合研究所、日本途家株式会社

本協議会活動、詳細に関するお問い合わせ先

古民家ツーリズム推進協議会(担当 井上)
TEL:03-6890-0983(平日10:00~12:00、13:00~17:00) 


第一回勉強会


このリリース関するお問い合わせ先
一般財団法人ロングステイ財団 TEL:03-3591-8144(平日9:30~12:00、13:00~17:00)
担当:常岡

 


ページトップへ▲